ミュージックジャケットギャラリー ミュージックジャケットギャラリー 常設展-LP、CDのお宝ジャケット大集合!-
常設展は3ヶ月毎にテーマを更新。
音楽とジャケットの結びつきは、アーティスト・サイドの深い思い入れとデザイナー・サイドとの熱きクリエイティヴィティとによって誕生します。時にはメッセージを込めたもの、時には遊び心に溢れたもの、その時代性を映し出すような記憶に残る素晴らしい作品が数多く誕生しております。
ミュージックジャケットギャラリーの常設展では、平面陳列としてLPが135枚、立体陳列として特殊パッケージ12点の展示をしております。世界初、日本初などの極めて貴重なパッケージや特殊変形ジャケットなど、ミュージック・ジャケットやパッケージの楽しさやその魅力をご堪能ください。

来場希望日の2日前までにお申し込みください。
(ご入場は無料です。)

2016年10月~12月のテーマ  

“ ART JACKET LP COLLECTION ”

“ ART PACKAGE CD BOX COLLECTION ”

 

※写真は展示イメージです。

<アート・ジャケットLPコレクション>
お陰様でミュージック・ジャケット・ギャラリーは10月で9周年を迎えました。今回の平面陳列(LP展示)は、“芸術の秋”に因んで古今東西の絵画をモチーフにしたLPを135点集めました。ポピュラー音楽、特にロックのジャケットにはルノワールやマネなどの印象派、マグリットやダリなどのシュルレアリスム、アメリカを中心に台頭したスーパーリアリズムなどの影響を受けたものが数多く見られます。どのジャケット・デザインもひとつのポップ・アートとして成立できるほど、ジャケット・アートとしてのクオリティーは秀逸なものがあります。秋の夜長にどのジャケットがどの画家をオマージュしたものかを考えながら、これらの傑出したジャケット・アートを是非ご堪能ください!


<アート・パッケージCDボックス・コレクション>

今回の立体陳列(ガラスケース展示)も、アート感覚に溢れたCDボックス仕様の秀逸な特殊パッケージ12点を展示致します。ストーム・ソーガソン(ヒプノシス)が手がけた9枚組CDボックスのPINK FLOYD 『SHINE ON』(1992)。PIXIES『MINOTAUR』(2009)は8枚組(5CD+2DVD+1BLU-RAY)ボックスで、彼等の所属レーベル4ADのデザイナー・ユニットである23エンヴェロップの創立者ヴォーン・オリヴァー等が手がけたもの。BRIAN ENOの作品を各3枚組のCDボックスに収めた2点シリーズのENO BOX『Ⅰ&Ⅱ』(1994)、DAVID SYLVIANの作品を5枚組CDボックスに集大成した『WEATHERBOX』(1989)、両作品ともラッセル・ミルズとデイヴ・コッペンホールの手によるもの。アート・パッケージのクリエイティヴな世界をご堪能ください!

 

 

開催日
-----▼ 新テーマで開催! ▼-----
開催時間  
※各時間ごと先着20名様限定
※ 2010年4月よりのMJG見学申込みの時間帯が変更となりました。
※ 弊社都合により、ご希望の時間帯にお受けしかねぬ場合もあること、ご容赦ください。
入場料 無料

 

問い合わせ 株式会社 金羊社 MJG常設展係
〒146-8577 東京都大田区鵜の木2丁目8番4号
TEL:03-3750-2107 FAX:03-3750-2284
開催場所 株式会社 金羊社 本社4Fギャラリー
東急多摩川線「鵜の木駅」より徒歩3分 本社地図