お知らせNews & Topics

記事一覧

Music Jacket Gallery 2015 開催のお知らせ

Print

「Music Jacket Gallery 2015」を5月15日(金)から5月24日(日)まで、新宿髙島屋1階JR口特設会場にて開催します。
Music Jacket Gallery は、音楽パッケージ商品にまつわる関係企業・団体が連携して実施する「音楽パッケージ大展覧会」であり、この展覧会を 通じて、音楽ファンやクリエイターに向けて「日本の音楽文化」の豊かさ/楽しさをアピールすることを目的としています。

本年の展示では、60年代から現在までの日本のジャケットデザイナーに焦点をあて、クリエイティブ視点で音楽パッケージを紹介すると共に、歴史的なジャケットデザイナーやミュージック・ジャケット大賞受賞デザイナーを会場に招きトークショーを実施する予定です。
さらに普段見ることができないCDとアナログレコードの製造過程の解説や手書きタイポグラフィと邦題ネーミングが生み出す世界観が魅力の洋楽レコード国内盤のジャケット/オビ、豪華・特殊仕様のパッケージ等、さまざまなミュージックジャケットを一挙展示いたします。
また今年で5回目となる音楽CDジャケットのアートワークを表彰する「ミュージック・ジャケット大賞2015」の候補50作品の展示と受賞作品の発表も行います。

MJG2015rogo_FIX「Music Jacket Gallery 2015」
日程:5 月15 日(金)~5 月24 日(日) 10:00~20:00 ※最終日は17:00 終了
会場:新宿髙島屋1 階JR 口特設会場
〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 TEL:03-5361-1111
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/
【主催】Music Jacket Promotion Committee(※)
【共催】新宿髙島屋
【協賛】一般社団法人 日本音楽出版社協会/一般社団法人 日本音楽制作者連盟
【後援】経済産業省
【協力】株式会社伊藤園/金沢工業大学PMC/ボーズ株式会社(五十音順)
【詳細インフォメーション】

詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください
http://musicjacket.jp/

「印刷のいろはフェスタ」大盛況のうちに終了

先週、4月17日(金)、18日(土)、「印刷のいろはフェスタ」が開催されました。

2日間で計2,180名の方にご来場いただき、
多くの方にカレンダー作りや和綴じ製本など、印刷・加工を体験していただきました。
当日の様子を少しだけご紹介します。

 

4階のカレンダー作りは常に長蛇の列
iroha2015_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人も子供も加工体験を楽しんでいました
iroha2015_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

段ボール迷路では子供たちが大はしゃぎ
iroha2015_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いろはマーケット」ではクリエーターさんのグッズを販売
iroha2015_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外の「いろは屋台」でひと休み
iroha2015_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【開催概要】
「印刷のいろはフェスタ」
開催日:2015年4月17日(金)、18日(土)の2日間
会場:金羊社本社 1階~4階(東京都大田区鵜の木2丁目8番4号)
主催:株式会社 金羊社、株式会社 ALL RIGHT
協力:
印刷加工連(篠原紙工、鈴木製本、コスモテック)
熊沢印刷工芸株式会社
株式会社モリサワ
株式会社太陽堂封筒
東京製本高等技術専門校
金羊社クリエイティブワークス

【展示内容】
・カレンダーを作ろう(ワンコイン=\500 でカレンダーが作れます)
・和綴じ製本体験(ワンコイン=\500 で和綴じノートが作れます)
・封筒を作ろう(ワンコイン=\500 でオリジナル封筒が作れます)
・段ボール迷路
・いろはマーケット(クリエイターによるプロダクト販売)
・フォント作成体験
・色合わせゲーム
・紙積み体験
・活版印刷体験
・いろは屋台・・・他

▼詳しい出展者名や内容、スケジュールについては、以下をご覧ください。
公式サイト:http://www.irohaten.com/
Twitter:http://twitter.com/iroha_ten
Facebook:http://www.facebook.com/irohaten

子どもから大人まで大満足の印刷加工体験「印刷のいろはフェスタ」を開催

iroha_omote

2009年より弊社とオールライト工房で共同開催し、昨年より名称を変更しパワーアップした「印刷のいろはフェスタ」を今年も開催します。
様々な印刷加工体験をはじめ、いろはマーケットや屋台ブースなど、皆様のご来場を心よりお待ちしています。

【開催概要】
「印刷のいろはフェスタ」
開催日:2015年4月17日(金)、18日(土)の2日間
時間:12:00~19:00(最終日18:00)
会場:金羊社本社 1階~4階(東京都大田区鵜の木2丁目8番4号)
主催:金羊社、オールライト工房
協力:金羊社クリエイティブワークス

【展示内容】
・カレンダーを作ろう(ワンコイン=\500 でカレンダーが作れます)
・和綴じ製本体験(ワンコイン=\500 で和綴じノートが作れます)
・封筒を作ろう(ワンコイン=\500 でオリジナル封筒が作れます)
・段ボール迷路
・いろはマーケット(クリエイターによるプロダクト販売)
・フォント作成体験
・色合わせゲーム
・紙積み体験
・活版印刷体験
・いろは屋台・・・他

▼詳しい出展者名や内容、スケジュールについては、以下をご覧ください。
公式サイト:http://www.irohaten.com/
Twitter:http://twitter.com/iroha_ten
Facebook:http://www.facebook.com/irohaten

MJG常設展開催(4月~6月)のお知らせ

mjg_fl_201504今回の平面陳列は、ここ数年海外のコレクター諸氏にも注目されてきている
日本盤の帯付きLPを集めて、帯のデザインの変遷を辿ってみます。LPの帯(別称=タスキ)は、書籍の帯(通称=腰巻き帯)と同様にジャケットのアートワークにとっては邪魔なものであり且つ保存に困るものです。帯をジャケットの中に入れても何回も出し入れしている間にシワがよったり切れてしまったり、結局は捨てることになるのです。そうした要因もあって、あたかも通過儀礼のように、大半の購入者は買った際に速攻で帯を処分するものです。だからこそ、この帯の価値は年々急上昇し、特に発売中止や回収になったようなものは超激レア帯としてLP本体よりもはるかに高値を付けられて、中古市場では5桁のものも数多く存在します。レコード店頭においてLPの帯は、音楽の中身を説明する商品情報を集約したものであり、聴かずともある程度音楽の内容が分かるという購買のきっかけとなる重要なアイテムです。デザインの目立たせ方、絶妙なキャッチ・コピー、インパクトのある邦題など味わい深い名作帯も数多く残っており、今となっては貴重な日本独自の文化遺産ともいえるものです。

立体陳列(ガラス・ケース)は、ボックスものの原点であるアナログLPのボックス・セットを集めてみました。単なる普通のLPボックスではなく、特殊仕様のスペシャルなLPボックス・セットを展示致します。レッド・ツェッペリンの『レッド・ツェッペリン(スーパー・デラックス・エディション)』(2014年)、2012年8月33年ぶりの来日を果たしたビーチ・ボーイズの『スマイル(コレクターズ・ボックス)』(2011年)、ザ・フーのライヴ名作『ライヴ・アット・リーズ(スーパー・デラックス・コレクターズ・エディション)』(2010年)、スパークスの『THE SEDUCTION OF INGMAR BERGMAN』(2009年)、はっぴいえんどの『はっぴいえんど マスターピース』(2014年)、2013年末に急逝した大滝詠一の『NIAGARA VOX』(1981年)。レアなものでは、制作費の不足により予約から発売までに8年もかかったあがた森魚の『永遠の遠国』(1985年)、海賊盤業者への世界初の対抗策となったフランク・ザッパの『BEAT THE BOOTS ! VOL.1 LIMITED EDITION BOX SET 』(1991年)、LPと写真集とが見事に融合したシガー・ロスの『IN A FROZEN SEA 』(2008年)など、特殊仕様の多種多様なLPボックスの世界を是非ご堪能ください。

【開催日】

4月 9日・16日
5月 14日・21日
6月 11日・18日

ご閲覧をご希望される方は、Webでの申込みとなります。
詳細につきましては、MJGホームページをご覧ください。
http://www.kinyosha.co.jp/mjg/

MJG常設展開催(1月~3月)のお知らせ

mjg_fl_201501今回の平面陳列は、前回の日本盤シングル・ジャケット【60年代編】に続きまして、東芝洋楽シングル・ジャケット【70年代編】を展示します。70年代になると、さすがにタイトルの手書き文字は少なくなり、アーティスト独自のロゴやタイポグラフィーを使用しての多色・特色刷りに伴って、アートワークも洗練されたものが多くなってきます。シングルの形態も、表・裏のペラからポスター仕様のゲートフォールド(見開き)や3面・4面の豪華な仕様のものも増えてきます。海外のコレクターにとっては、日本盤LPの帯と並んで、この独自のデザインワークによる日本盤シングルも魅力的なものなので、世界で唯一のコレクターズ・アイテムとして近年その評価は高くなっており、オークション市場ではLPよりも高値を付けるものも出始めております。今回の展示では、有名なものから見たこともないような激レアものまで、全135点を展示します。前回の【60年代編】に続き、シングル・ジャケット・コレクション【70年代編】の奥深い世界をお楽しみください。

立体陳列(ガラス・ケース)は、CDシングル・ボックスを集めてみました。アーティストの音源の集大成として、CDの時代になってもシングル・ボックスは多種多様なものがリリースされています。その形態も8センチCDを集めたものから、12センチのCDにコンパイルしたものなど、様々なパッケージ仕様でリリースされています。今回の展示では、スモール・フェイセス、ジョイ・ディヴィジョン、エルヴィス・コステロ、ザ・クラッシュ、モリッシー、コクトー・ツインズ、マイケル・ジャクソン、ジャミロクワイ、ニルヴァーナや、マリリオン、ニュー・トロルスなどのプログレまで、多種多様なCDシングル・ボックスのコンパクトで華麗なパッケージ仕様をご堪能ください。

【開催日】

1月 15日・22日・29日
2月  5日・12日・19日・26日
3月  5日・12日・19日・26日

ご閲覧をご希望される方は、Webでの申込みとなります。
詳細につきましては、MJGホームページをご覧ください。
http://www.kinyosha.co.jp/mjg/

ページの上へ