株式会社 金羊社

「組織は人」と考えるからこそ、
社員の幸せを大切にしていきたい。

佐々木さん / 2014入社
管理部門

「組織は人」個人が充実感を感じられる職場づくり

管理部門は総務や経理含め、社員の働きやすい環境づくりに取り組んでいます。評価制度もその1つです。金羊社は創業から90年以上経ちますが、働き方というのは時代によって変化していきます。これまでの評価制度が現代の働き方に合っているかどうか、正当に評価できるかどうかを適切に整理・判断し、また評価者が正しく評価できるための教育を行っています。

金羊社は「組織は人である」という思想のもと、社員一人ひとりの充実感が仕事の充実に繋がり、結果的に会社全体が充実すると考えています。逆に社員が職場に対してネガティブな感情を抱き、家庭も安定していない状況では、当然仕事にも悪影響が生まれてしまうでしょう。そのため管理部門としては、 "生き物" である会社をより良くするための制度づくりに取り組んでいます。

社員本人も社員の家族も幸せになる働き方を

金羊社では、女性が活躍できる制度が整っている証である「えるぼし認定」で最上位である3つ星認定を取得しました。印刷業界は機械や重たい紙を扱うため、男性社会のイメージがありました。しかし現代は環境も整い、女性でも活躍できる業界です。金羊社では昔から女性社員が活躍しやすい環境づくりを行ってきたため、その活動を認めていただけたのは非常に光栄です。

他にもパパ育休制度があるのですが、男性社員はなかなか取りづらいようです。そこで管理部門がバックアップし、もし育休を取得した場合に他のメンバーが仕事をサポートする体制づくりを行ってきました。その結果、パパ育休取得が増え、厚生労働省より子育てサポート企業として「くるみんマーク」認定をいただくことになりました。

このように男女ともに、そして社員の家族も幸せになるような働き方を常に模索し続けています。

古い慣習にとらわれず社員の挑戦をサポートする

金羊社は社員同士が「仲間」という意識が強い企業です。だからこそお互いを尊重しあい、時に助け合い、そしてお互いの家族のことも自分ごとのように考えられる風土があるのだと感じています。

また金羊社は古い慣習にとらわれることなく、新しいことにチャレンジできる会社です。時代に合わせてこれからも社員がチャレンジしやすい環境づくりを行い、そして社員が幸せになれる会社になるようサポートしていくこと、それが管理部門のやりがいであり、私たちのチャレンジです。

MEMBERメンバー

  • メディアプロダクション
    「仕事の経験値がアイデアの引き出しになる。」それを次の形につなげる事が喜びです。
    宇都宮さん / 2015入社
  • 管理部門
    「組織は人」と考えるからこそ、社員の幸せを大切にしていきたい。
    佐々木さん / 2014入社
  • フレキシブルパッケージング
    「手にとって喜んでもらいたい」一つひとつが自慢のできる仕事です。
    安田さん / 2014入社
  • ワールドライブラリー
    絵本を通じて子どもから大人まで、たくさんの笑顔を増やしたい。
    岩永さん / 2014入社
  • デジタルクリエーション
    チャンスは身近なところにある。あとは勇気を持って一歩踏み出すこと。
    熊木さん / 1997入社