株式会社 金羊社

ISMS

情報セキュリティ

お客様の大切な情報資産を守ります。

私たちは、お客様にご安心いただけるよう、お客様からお預かりしている大切な情報資産について、機密性、完全性、可用性をもった安全なセキュリティ体制を導入しました。

情報セキュリティ基本方針

当社は「いかなる時も社会とマーケットから信頼され、誇りと創意と感謝に溢れた人間集団であり続けたい」という経営理念のもと、お客様のコミュニケーションをサポートする業務展開の中で、基盤となる情報資産について一人一人が機密性、完全性、可用性を維持し、情報セキュリティ関連法規制を遵守し、企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)を果たす良き企業市民として行動します。

代表取締役社長を筆頭にISMS管理責任者・ISMS委員会が中心となり、全従業員は下記の事項を実施する。

  1. 当社が保有する情報資産を認可されていない第三者アクセスから保護する。(機密性)
  2. 当社が保有する情報資産を認可されていない第三者に故意または不注意な行為により開示しない。(機密性)
  3. 認可されていない第三者のアクセスにより情報資産の改ざんなどから保護する。(完全性)
  4. 許可された利用者が必要なときに情報を利用できるようにする。(可用性)
  5. 情報セキュリティに関する法規制などの要求事項を遵守する。
  6. 事業継続計画を策定し、維持し、必要に応じてレビューする。
  7. 情報セキュリティ教育・訓練を全従業員に対して、定期的に実施する。
  8. 情報セキュリティ違反とその疑いのある弱点はすべてISMS管理責任者に報告され対応する。
  9. 情報セキュリティ基本方針・ISMSマニュアルに基づき維持改善する。

平成16年11月1日
株式会社 金羊社 代表取締役
浅野 晋作