Message

トップメッセージ

ポストコロナ時代の
コミュニケーションを
追求する

地球上で最も高度に発展した生物、それは人類です。何故人類は他の生物と比較して高度に発展することが可能だったのでしょうか。

私たちの祖先はアフリカで誕生し、樹木の上が生活領域でしたが地上には多くの危険が存在するのと同時に多くの食料があることに気づきます。やがて生活領域を地上に変えることにより、人口も増加します。人口増加は種の存在がより強固になるのですが、より多くの食料を必要とします。

何かが必要となる。これが進化、発展の第一歩です。私たちの祖先は多くの食料を求めてアフリカを旅立ちます。「出アフリカ」と呼ばれる行動はこの様にして生まれたのでしょう。

その後世界各地にたどり着き、その過程でほぼ同時期に「言語」を使い始めます。それまでは「無言語時代」であったのです。それまでも人類は進化、発展を遂げてきました。言語を使いだした人類は、それまでの進化、発展の速度を早め、次に「文字」を編み出します。言語が使われ始めたのがおよそ50000年前、文字の発明は5000年前と言われています。

人類は、言語と文字で大きく進化します。
それまでの時代と比較して意思疎通の速度と正確性、また量が大きく変化しました。コミュニケーション能力が進化したのです。

600年前に南ドイツ、マインツでグーテンベルクが金属活字を用いた活版印刷を誕生させました。印刷の概念はこれより古く、中国で生まれ、現存する世界最古の印刷物が我が国の「百万塔陀羅尼」であるように重要な情報伝達手段として位置づけられていました。

グーテンベルクの活版印刷はそれまでの印刷の概念を大きく変えるものとなりました。
それ以来、より速く、より正確に、より美しく、より大量に印刷することが可能となり人類のコミュニケーション能力は他の生物とは比較にならない進化を遂げたのです。

このコミュニケーション能力が地球上で人類が最も高度に進化、発展した要因ではないでしょうか。
現在、私たちは多くのコミュニケーション手段で、言語、文字、画像を駆使して「想い」や「情報」を相互に伝え合っています。同時に「地球温暖化」による気候変動の影響を受け今まで経験したことの無い様々な災害にも遭遇しています。そして、コロナウイルスとの遭遇です。

私たちの生活は新たな時代に向かわなければなりません。

創業以来、コミュニケーションサポートの手段として多くの印刷物を製造してきた「金羊社」は新たな時代のコミュニケーションの在り方を追求し、製造機能を持つサービス業の実現に向けて確実な歩みを進めてまいります。日々、新たな挑戦を続け、これから先も社会に貢献してまいります。

代表取締役社長
浅野 健