お知らせNews & Topics

記事一覧

「印刷のいろはフェスタ 2017」開催のお知らせ

毎年恒例のイベント「印刷のいろはフェスタ」が5月19日(金)、20日(土)の2日間、開催されます。
今年も様々な印刷加工体験をはじめ、多くのイベント&展示をご用意しています。
ぜひご家族、ご友人をお誘い合わせの上、ご参加ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。

omote_170303+_ol_RGB
【開催概要】
「印刷のいろはフェスタ 2017」
日時:5月19日(金)12:30~19:30、20日(土)10:00~17:00
場所:株式会社 金羊社1階~4階  入場無料

「印刷のいろはフェスタ2017」各フロア紹介
1階:いろはマーケット、活版実演、デジタルプリントミュージアム
2階:巨大おりがみ
3階:モリサワフォント作成体験
4階:巨大ワールド&飛び出すカード制作体験、いろゲームコーナー、ワールドライブラリー、カラー&アートセラピー

いろはフェスタ2017 オフィシャルサイト
http://irohafesta.jp/

最新情報はTwitterFacebookでも発信中です。

MJG常設展開催(4月~6月)のお知らせ

レタリングLPジャケット・コレクション
LETTERING LP JACKET COLLECTION

MJG_VOL34_A4_ol今回の平面陳列(LP展示)も、前回の顔ジャケと同様にジャケット・デザインの基本中の基本である、レタリングがメインになったLPを135点集めました。レタリングとは、視覚的な効果を考慮してデザインされた文字のことで、タイポグラフィー(活字書体のデザイン)や、カリグラフィー(装飾された文字)、ロゴ(図案化された文字・マーク)の総称といえるものです。ジャケット・デザインにおいてレタリングの持つ意義は極めて大きく、そのアーティストの音楽性やアルバム・タイトルの内容を的確に表現する上で不可欠かつ重要な要素となります。CHICAGOのロゴのように、デビューから今日に至るまでその形を変えずに(ロゴの色や素材などを変えていく)50年近く同じアーティスト・ロゴを継続して使用している例をとっても、定着したロゴが如何に大きな力を持つことが分かります。今回の展示では、多種多様なレタリング・ジャケを通してレタリングと音楽性との関連性やその推移などを堪能して頂ければ幸いです。

 

【開催日】
4月13日・20日
5月11日・18日
6月8日・15日

閲覧をご希望される方は、Webでの申込みとなります。
詳細につきましては、MJGホームページをご覧ください。
http://www.kinyosha.co.jp/mjg/

平成30年度新卒採用を開始いたします

株式会社金羊社では、平成30年度新卒採用を開始いたします。

当社の会社説明会は、 5月に実施予定です。
会社説明会に参加ご希望の方は、下記よりエントリーしてください。

採用情報ページへ
平成30年度採用情報

平成30年度新卒採用について

株式会社金羊社では、平成30年度(平成30年4月入社)新卒採用に関する情報開示は、
平成29年4月3日(月)を予定しています。
募集要項につきましては、下記をご確認ください。
暫しお時間をいただきますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

平成30年度新卒者募集要項

採用予定人員 大卒 専門学校卒 合計5名
職種 営業、生産、管理
給与 基本給・・・・ベース給、職務給
諸手当・・・・役職手当、家族手当、時間外勤務手当、通勤手当等
賞与 年2回
退職金 2年以上勤続退職者に対して支給
休日・休暇 土曜日、日曜日、祝日、年末年始7日
年次有給休暇、夏期休暇7日、慶弔休暇等
異動・転勤 有り
資格制度 資格等級別職務遂行能力基準により、
従業員の職務遂行能力の発展段階によって昇進・昇格が可能
福利厚生 確定拠出年金、育児休暇、介護休暇、社員親睦会「同志会」
社会保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、
健康管理、定期健康診断・成人病健康診断実施
CLUB CCI(商工会議所福利厚生サービス)
その他:社員食堂、財形貯蓄、財形住宅融資利子補給制度
その他 くるみん認定取得、えるぼし認定(三ツ星)取得
応募方法 当社の会社説明会は5月以降に実施予定です。
応募方法等の詳細は決まり次第、当社ホームページに掲載いたします。
(4月3日予定)

 

MJG常設展開催(1月~3月)のお知らせ

 “ FACE JACKET LP COLLECTION ”&“ SPECIAL PACKAGE LP / CD BOX COLLECTION ”

MJG_VOL33_A4-12017年1月からの平面陳列(LP展示)は、ジャケット・デザインの基本中の基本である、顔をアップにした顔ジャケLPを135点集めました。顔ジャケといっても人間だけでは面白味に欠けるので、今回の展示では動物までその範疇を拡げました。ジャケット・デザインは、50年代から60年代中盤ぐらいまではアーティストの顔や姿を写真にした所謂ポートレイト・ジャケットが主流でしたが、ビートルズの『リボルバー』(1966)あたりから顔や姿をイラストで表現するなど、様々な手法で表現する多様化の時代に突入します。顔をアップにしたLPジャケットは、30センチ四方のカンヴァスを最大限に生かしうる大きなインパクトやアピール力を持ち得ます。脳科学的にも人間の記憶は聴覚情報より視覚情報の方が何倍も強いということがいわれております。様々な顔がアップにされた顔ジャケのオンパレードは、かなりのインパクトと共に皆さんの昔の懐かしい記憶を蘇らすことは必至です。認知症予防対策のため気軽に楽しめる脳トレーニングの一環として、これらのジャケット・アートを堪能して頂ければ幸いです。

今回の立体陳列(ガラスケース展示)は、アーティストの顔をメインにしたパッケージや、特殊仕様のLPやCDボックスを12点展示致します。1月8日から3ヵ月行われる『デヴィッド・ボウイ大回顧展』にあわせて、デヴィッド・ボウイの美顔を直接プラスティック・ケースに刷り込んだ6枚組LPボックスの『SOUND + VISION』(1989)、各メンバーのイラストをパッケージの全面に書き込んだローリング・ストーンズの日本独自企画の5枚組LPボックス『GOLDEN HISTORY OF THE ROLLING STONES』 (1971)、世界的なイラストレーターである横尾忠則とオノ・ヨーコの最初の夫であった現代音楽家の一柳慧とのコラボ作品である『オペラ 横尾忠則を歌う』(1969)など、多種多様な特殊仕様のパッケージ・デザインの華麗な世界をご堪能ください!

【開催日】
1月19日・26日
2月9日・16日
3月9日・16日

閲覧をご希望される方は、Webでの申込みとなります。
詳細につきましては、MJGホームページをご覧ください。
http://www.kinyosha.co.jp/mjg/

前ページへ

次ページへ

123456789

ページの上へ